読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさぐれ男のメモ帳

たまにはひとりでコーヒーゼリーでも

交通事故の被害者になられた方へ①

事故後は、治療に専念したいところですが、それにあたって健康保険で治療するのか、又は自由診療で治療するのかを選択しなくてはいけません。

基本的には、交通事故は第3者による傷害となるので、自由診療となります。健康保険は例外を除いては使用できません。

悪徳な保険会社は、健康保険を勧めてきます。それがスタンダードですと、平気で言ってきます。相手が保険未加入やひき逃げ等では健康保険を使用するのがいいと思います。

『第3者行為による傷病届』を保険組合に提出すれば、健康保険が使用できます。

 

後遺症が残りそうな怪我をした場合は、何かと保険適用外の治療があったりします。

 

体全体に衝撃が加わる訳ですから、事故後、体のいろいろなところが痛みます。

数週間経過してから、痛み出す時もあります。

そんな時は、整骨院接骨院に行くことをお勧めします。

しかし、注意があります。病院の先生からの許可が必要です。口頭でも構いません。

医師の指示、了解がなければ、整骨院等では施術を受けることはできません。

 

事故後、相手も保険会社と交渉するのは、正直しんどいです。

保険会社は、いかに費用を抑えるかのみ考えています。営利団体とはいえ、その為の保険だと思うのですが。

ですので、ご自身の保険契約に弁護士特約があれば、すぐ弁護士に依頼して下さい。

直接、保険会社と交渉することはなくなります。慰謝料の面でも期待できます。

 

次回は弁護士の選び方についてにアドバイスします。