読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やさぐれ男のメモ帳

たまにはひとりでコーヒーゼリーでも

思い出は月明りに誘われて

某タイヤ屋の女性店員の接客が素晴らしく、長時間で待っても嫌な気持ちひとつしなかった。

会社の教育が良いのもあるのだろうが、結局は本人の人間性だと思う。

ただひとつ気になった点は、昔好きだった人に似ていたこと。

久しぶりに思い出した。

いい思い出もあるし、そうじゃないことも。

始めは私の一目惚れで、意を決して告白して、3ヶ月くらい待たされて。あの時はしんどい思いをした。何もかも無気力になりそうだった。

けど、あの人は当時、恋人と別れる為に苦労をしてた。私と出会う前から。

そんなことを知らずに、ひとりで悲劇のヒーロー気取りだった私は、恥ずかしい限り。

やっとの思いで付き合うことになったけれど、数年後には別れてしまった。たまに、連絡は取っていたけど、そのうち連絡がなくなった。

数年後、本人から結婚の報告を受けた。

私は嬉しかった。

すごくすごく嬉しかった。

共通の友人におめでとうパーティーに誘われたけど、断った。

結婚式に参加した友人から、写真を見せてもらった。すごく幸せそうな笑顔で、すごく綺麗だった。
微笑まずにはいらないほどだった。



しかし、

私の妻にはかなわない。
かわいい子供たちを産んでくれてありがとう。